安心・快適な職場環境の整備 ~新型コロナ感染防止対策~

コロナ禍において、企業には従業員、顧客、取引先をはじめ関係者の生命と健康を守り、ウイルスの感染拡大防止に向けた様々な取組みを求められています。

今回は、コロナ感染対策の一環として行った、工場内のトイレ全面改装について紹介します。

従前は、トイレの電灯・換気扇のスイッチ、便器フタの開閉、水洗レバー、手洗い場の水栓、ハンドソープのポンプ等々、いたるところを手で触れる必要がありました。それら全ての機器は感応式タイプを導入することにより、殆ど手で触れることなく使用可能なトイレ環境にしました。また節水タイプのトイレを導入し、省エネに繋がることも期待しています。

トイレに限らず職場がきれいなことは気分的にも良いもので、従業員のモチベーション向上も期待できます。当社は女性従業員が多い職場ですが「トイレがきれいになって嬉しい」と好評のようです。更に、ご来訪のお客様、会社説明会等で来社された学生さんたちからも「トイレがきれいで良いですね」という声も聞かれるようになりました。

 

今後も来社されるお客様と従業員にとって安心・快適な環境づくりに努めてまいります。